一般的にお菓子に使われる添加物について

一般的にケーキ類や焼菓子類に合成着色料、合成香料、合成保存料などの食品添加物が使われていることは、よくご存じだと思います。また、洋菓子作りに欠かせないもので重要な食材に、マーガリン(コンパウンドバター含む)、ホイップクリーム、ショートニングがあります。これらはフレッシュバター及び純生クリームの代用品です。これらの製造に用いられる添加物が乳化剤です。この乳化剤こそが時として、小さなお子様(乳幼児)や胃腸の弱い方には大変な負担がかかっております。


無添加にこだわるガトーマスダのおかしたち ~研究成果によるフレッシュな冷凍技術~

ガトーマスダ及び三啓商事(親会社)の製品には、上記の食品添加物を使用することはありません。また、マーガリンやホイップクリームは当社製品には使用しておりません。食品添加物の中には体内に蓄積されるものもございます。消費者の皆様の健康を考えて、体に良くないものは一切使用しないことが当社のポリシーです。

おかげさまで多くのお客様から「ガトーマスダのケーキやお菓子はどれを食べても美味しいね!」と言って頂いております。当店が食材の全てに天然のもの、自然のものにこだわってきた結果が、お客様の評価につながっていると信じています。また、食品の安心、安全の中でどのように日持ちさせるかは大きな課題です。当社では一部の生ケーキ(生のフルーツや苺を使ったもの)以外は冷凍が可能です。長年の研究の成果として当店を代表する完熟アップルパイ・ロールケーキ・シュークリーム・ヨード卵プリンはその代表作です。これらの製品は自然解凍してお召し上がり頂けるものばかりです。しかも解凍後は作り立ての食感とおいしさに多くの方が「これが冷凍だったの!?」と驚かれます。どの製品も冷凍庫で一カ月保証しておりますので地方発送が可能です。買い置きができますので、急なお客様のおもてなしにも便利です。

お誕生日やお祝いごとに、また年末年始にはガトーマスダのケーキがご家庭に欠かせない一品となること、ご家庭でその美味しさにご家族で喜びを分かち合って下さることを、心より願っております。